息子の書いた両親の絵に、思わず涙…

ホーム / blog / 息子の書いた両親の絵に、思わず涙…


保育園から帰ってきた4才の息子、最近はお絵かきにはまっています。
『今日はママとパパを描いてあげるね!』と言って、一生懸命机に向かっていました。

『はい!できたよ!ママ見て〜』出来上がった息子の絵をみてびっくり…!
けして上手とは言えない似顔絵ですが、感激して涙がにじんでしまいました。
いびつな丸と線で描かれた、夫と私の似顔絵らしきもの、そしてその2人の手が繋がれていたのです。

『これがママとパパ?手をつないでるの?でも、ママとパパ、手をつないで歩いてないよね?どうして?』息子に尋ねました。
夫はとても恥ずかしがりやで、付き合っていた時から、手を繋いで歩くのを嫌がりました。
もちろん今でも、子どもたちの前で、手を繋いで歩いたことなどありません。

息子はニコニコしながらこう言いました。
『だって、パパとママ、いつも仲良しだもん!』実際に見たことがないけれど、2人が仲良しだからと手を繋いでいるところを表現してくれたのだと分かりました。

結婚して8年になります。出産を経て、
3人の子宝に恵まれた私たち。共働きで、
家事や育児を協力しながら目の回るような日々を何とかやりこなすような毎日。そんな中でもいつも私を大切にしてくれる夫。
さすがにトキメキはないけれど、出会った頃以上の愛情を感じています。

そんな私たちの関係が、子どもたちにも伝わっているんだな…と胸が熱くなりました。
今までがむしゃらにやってきたことが、報われたような気分でした。

いつも当たり前にお風呂を掃除して、子どもたちを入れてくれる夫に、今日はいつも以上に『ありがとう』を伝えよう。
そして息子の絵を見せよう。そう思いました。

This entry was posted in blog.